家族との相談

コールセンターの女

日本は生命保険の加入率の極めて高い国ですが、これまで生保といえば世帯主が万が一の時に残された人たちの生活を維持するための死亡保険の加入率が高く、販売も死亡保険中心となっていました。
しかし高齢化が進み、自分の死後の問題とともに老後における医療をカバーするような生存のための保険にも消費者の関心が集まるようになってきているのです。
こうした消費者の意向を反映して、生保商品も医療系やがんに対応したものなど様々な種類が登場するようになってきており、コストの安い掛け捨ての商品も主流となってきているのです。
これをどのように組みあわせて最適な加入を実現していくかが、消費者にとっては大きな課題となってきているのです。

最近ではネットで簡単に見積もりをとって加入できる生保の商品が増えていますが、その一方で自分の条件にある商品をどのように選択するかについて悩みをもつ加入意向者も増えているのです。
そんな時に専門サービスで相談にのってくれるのがいわゆる対面販売のショップなのです。
こうした生保ショップであれば、複数の企業の商品を並行して扱っているため、会社を跨いでベストな組み合わせを提案したり選択したりすることができるため、消費者ニーズを高い視点で満足させる販売チャネルとして人気がでているのです。
ファイナンシャルプランナーならば第三者としての公平な視点で商品選択のアドバイスをしてくれることも消費者ニーズに極めて近いことから好評を博しているのです。